陸上の織田記念国際に出場する有力選手が大会前日の28日、会場のエディオンスタジアム広島で記者会見し、100mの今季初戦に臨む桐生祥秀(日本生命)は「いい流れをつくれれば満足。自分の走りをして大会を終えられたら」と語った。

 東京五輪の参加標準記録(10秒05)は突破済み。60mに出た3月中旬の日本室内選手権は左膝裏の違和感で決勝を棄権したが、不安はない様子で「優勝すれば、タイムはついてくる」と語った。

 桐生との対決が注目される山県亮太(セイコー)は故障からの復活を期し、今年からコーチをつけた。「1日でも、1試合でも早く参加標準記録を切りたい」と意気込んだ。