和歌山県田辺市で2018年、資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた元会社社長野崎幸助さん=当時(77)=が不審死した事件で、殺人容疑などで逮捕された元妻の須藤早貴容疑者(25)が2人きりになった夕食時以降に野崎さんに覚醒剤を摂取させた疑いがあることが28日、県警への取材で分かった。県警は須藤容疑者が覚醒剤を入手し、飲ませたとみて詳しく調べている。

 県警は認否を明かしていないが、任意の事情聴取に関与を否定していたとみられる。

 県警によると事件当日、田辺市の野崎さん宅の家政婦は夕食を用意した後に外出。須藤容疑者は野崎さんと2人で夕食を取った。