トヨタ自動車が28日発表した3月の世界販売は、前年同月比44・2%増の98万2912台で、1カ月の販売台数としては過去最多となった。中国や米国での販売が好調で、新型コロナウイルスによる落ち込みからの回復が鮮明となった。世界生産は31・6%増の84万3393台。

 世界販売、世界生産とも7カ月連続で前年を上回った。1~3月期の世界販売で目標としていた前年同期比10%増に対し、実績は19・1%増となり、想定を上回るペースだった。

 先行きについては、新型コロナの感染状況や世界的な半導体不足などのリスクがあるものの「引き続き堅調に推移する見通し」との見方を示した。