宮城県白石市の市立白石第一小で27日午後3時ごろ、男子児童数人が校庭にある防球ネットで遊んでいたところ、木製支柱が折れ2人を直撃、うち1人が頭部を負傷し死亡したことが28日、学校への取材で分かった。もう1人は顔面に重傷を負った。

 地元消防によると、事故直後に学校が110番。2人は小学6年の男子児童で、折れたのは長さ5~6メートル、太さ20センチ程度の支柱だという。白石署が状況を調べている。