河野太郎行政改革担当相は28日の衆院内閣委員会で、菅義偉首相が表明した7月中の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種完了に関し「自治体の接種計画の把握に努めているところだ」と述べた。接種完了の根拠についても言及を避け、具体的な見通しを示さなかった。

 7月末までに終える計画を策定した自治体数について「検討中のところもあるし、スピードアップを図っているところもある」と説明した。

 共産党の塩川鉄也氏が「首相が7月末と言った根拠は何か」との質問には「変異株が急速に拡大する中、一日でも早く、多くの人に接種していただくのが非常に重要だ」と述べるにとどめた。