九州電力とNTT、三菱商事の3社が、太陽光発電の拡大に向けて連携する方向で検討していることが28日、分かった。九電管内で発電した電力が余った際に、NTTの電話局や、三菱商事グループのローソンの店舗に置いた蓄電池にためるなどして有効活用する。

 太陽光発電は、発電量が日照時間などに左右されるため、無駄なく使うためには蓄電池の確保が課題となっている。3社で連携して再生可能エネルギーの活用を広げ、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現に貢献する。

 発電した電力は企業や家庭に供給する。NTTは、全国に約7300ある電話局に蓄電池の導入を進めている。