【サンパウロ共同】「世界一貧しい大統領」として知られる南米ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領(85)が27日、食事中に何かの骨が食道に刺さったとして、取り除く手術をするため緊急入院した。現地メディアなどが報じた。28日には退院する見通しという。

 ムヒカ氏は2010~15年に大統領を務めた。「ペペ」の愛称で知られる。報酬の大半を寄付して農場で暮らすなど、清貧な生活ぶりが日本でも人気となった。昨年、慢性的な免疫系の持病があるとして、新型コロナウイルスの流行を理由に上院議員を引退した。