【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了から2週間以上たった人を対象に、屋外でのマスク着用は原則不要とする新たな行動の手引を発表した。政権対策チームは「正常化に近づいている」との認識を表明。バイデン大統領はホワイトハウスで演説し「ワクチンは普通の生活に戻るためのものだ」と述べ、改めて接種を訴えた。

 バイデン氏は今年に入って感染者数や死者数が大きく減少していることを「驚くべき前進」と評価。ワクチン普及で「毎日多くの命が救われている」と強調した。