原則24歳以下で争う東京五輪サッカー男子の日本代表で、3人まで起用できるオーバーエージ(OA)枠の有力候補にDF吉田麻也(32)=サンプドリア=と酒井宏樹(31)=マルセイユ、MF遠藤航(28)=シュツットガルト=が挙がっていることが27日、関係者の話で分かった。

 東京五輪代表の森保一監督は、兼務している年齢制限のない日本代表の主力からOA選手を選ぶ意向を示していた。24歳以下の五輪世代で手薄なポジションを補強できる実力や本人の意思を重視。東京五輪は所属クラブに選手の派遣義務がなく、実際に招集できるかどうかも総合的に見極めながら最終選考している。