巨人がともに今季最多の21安打14得点で乱打戦を制した。8―8の九回にウィーラーのソロ、梶谷の3ラン、岡本和の2ランで6点を勝ち越した。八回を抑えた中川が2勝目。ヤクルトは九回の追い上げも及ばず連勝が5で止まった。