楽天が土壇場で追い付き、引き分けて首位浮上。2―5の九回に鈴木大の適時打で1点を返し、なお1死満塁で島内が2点二塁打を放った。オリックスは九回に登板のK―鈴木、山田が四球や失策の絡んだピンチで踏ん張れなかった。