西武が2分けを挟んでの連敗を6で止めた。0―1の四回に中村の2点適時打で逆転し、五回に源田の二ゴロの間に加点した。上間が5回を5安打1失点でプロ初勝利。増田が7セーブ目を挙げた。ロッテは打線がつながらなかった。