丸川五輪相は27日の記者会見で、新型コロナ感染状況を踏まえた東京五輪・パラリンピック実施時の医療提供体制が東京都から提示されないままだとし「開催当事者として、そろそろ示していただきたい」と苦言を呈した。

 一方、東京都の小池知事は27日、報道陣の取材に対し「既に実務的に詰めている」と説明。「連携しながらやっていくことなので、コミュニケーションを取る必要がある」と強調した。

 丸川氏は会見で、約2週間前に問い合わせたが明確な回答がないと明かし「主催者としての責任、医療現場を預かる責任をどう果たすのか。国はどう支援すればいいのか非常に戸惑う」と不快感を示した。