トヨタ自動車、ダイハツ工業、スズキ、SUBARU(スバル)、マツダの自動車メーカー5社は27日、インターネットに接続して多様なサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」に必要な車載通信システムを共通化すると発表した。トヨタと同社の出資を受けている4社のトヨタ陣営が連携して通信機の開発に取り組むことで費用を抑え、製品化のスピードを上げるのが狙い。

 コネクテッドカーは、自動運転や環境性能の向上と並び、自動車各社による開発競争が進んでいる分野だ。5社は車載の通信機を「協調領域」と位置付けて効率化を進める。通信を利用したサービス面は各社が独自提供する。