米国から大麻を輸入したり譲渡したりしたとして、警視庁が大麻取締法違反や麻薬特例法違反の疑いで、慶応大の男子学生や、米国にある慶応義塾ニューヨーク学院の男子高校生など18、19歳の少年計5人を逮捕したことが27日、同庁への取材で分かった。

 警視庁によると、5人は昨年11月~今年2月に逮捕された。すでに家庭裁判所に送致されており、少年審判の開始が決まっている。