27日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比42銭円安ドル高の1ドル=108円13~14銭。ユーロは31銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円61~62銭。

 前日の海外市場の流れを引き継いだ。このところの円相場の上昇基調を背景に、持ち高を調整するため円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「日銀の金融政策決定会合は大きな政策変更はないという事前予想が大勢で、材料視されにくい」(外為ブローカー)との声があった。