菅義偉首相は27日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを東京都に設置するよう岸信夫防衛相に指示した。防衛省が主体となり厚生労働省や内閣官房と連携。東京都千代田区の「大手町合同庁舎3号館」を使用する。5月24日に開設し、約3カ月間運営する方針。大阪府を中心とする地域へのセンター設置に向けても、適切な支援を求めた。

 首相は岸氏に「防衛省、自衛隊は、わが国の最後のとりでだ。新型コロナ感染症対策という国家の危機管理上、重大な課題に役割を果たしてもらいたい」と述べた。

 政府関係者によると、埼玉、千葉、東京、神奈川の4都県の高齢者を主な対象としている。