【ワシントン共同】バイデン米政権は、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン最大6千万回分を近く他国に提供を始めることを決めた。サキ大統領報道官が26日の記者会見で明らかにした。自国民向けに十分な量のワクチンが確保できていることに加え、同社製には米国内での緊急使用許可が出ていないためで、具体的な提供先は調整中という。

 サキ氏は、国内に備蓄する1千万回分は早ければ数週間以内に、製造中の残り5千万回分は5~6月をめどに提供できるようになるとの見通しを明らかにした。対象国に向けて発送する前に食品医薬品局(FDA)が品質を確認するとも強調した。