【ワシントン、ニューデリー共同】バイデン米大統領は26日、インドのモディ首相と電話会談し、新型コロナウイルスの感染者急増で医療崩壊の危機にあるインドに対し、医療用酸素の生産機器の提供など幅広い緊急支援を行うと伝達した。モディ氏は支援に謝意を表明した。両国政府が発表した。インド政府によると1日当たりの感染確認者数は5日連続で30万人を超えた。

 米印両国は3月、日本とオーストラリアを加えた4カ国の枠組み「クアッド」でのワクチンの生産、供給拡大を表明している。バイデン政権には、中国に対抗するために民主主義国の結束を固める狙いもある。