【プノンペン共同】カンボジア政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都プノンペンで実施してきたロックダウン(都市封鎖)の期限を、当初予定の28日から5月5日まで延長すると決めた。国営メディアが伝えた。

 カンボジアはコロナ流行を抑制してきたが、2月下旬に起きた市中感染を発端に急拡大。累計感染者はこの2カ月で約700人から1万人超まで増えた。