【バンコク共同】タイの首都バンコクのアサウィン知事は26日、首相府で同日開かれた新型コロナウイルスワクチンの調達を話し合う会議で、プラユット首相がマスクを着用していなかったとして、罰金6千バーツ(約2万円)を科したと明らかにした。

 バンコクでは新型コロナの感染拡大を受け、26日から一部の商業施設や娯楽施設を閉鎖。外出時のマスク着用も義務付け、違反者には最大で罰金2万バーツを科す措置を始めたばかりだった。

 マスクを着用せず会議に臨むプラユット氏の写真がインターネットに投稿され、SNSでは「なぜ首相が規則を守っていないのか」との批判が相次いだ。