西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、コロナの緊急事態宣言期間中も営業を続ける浅草演芸ホール(東京都台東区)などの演芸場に対し、変異株の脅威を理由に「支援策を活用して休業要請に応じてほしい」と理解を求めた。同ホールは「大衆娯楽である『寄席』は社会生活の維持に必要」としており、要請を巡って主張に溝がある。

 西村氏は、映画館や演芸場はこれまで感染防止策を徹底していればリスクは低いと判断していたが、感染力の強い変異株の広がりが問題になっていると説明。医療提供体制が厳しいこともあり「感染防止策を徹底していても休業をお願いしなくてはいけない事態だ」と述べた。