【パリ共同】スペイン北部パンプロナ市は26日、新型コロナウイルスの流行が続いているため、牛追い祭りとして世界的に知られる7月6~14日のサンフェルミン祭を今年も中止すると発表した。2年連続の中止は地元経済に大きな打撃。

 市は声明で「コロナとの闘いは世界的な優先事項で、感染状況やワクチン接種の進展に関するデータを踏まえると、こうした祭りの開催は認められない」と表明した。

 市によると、パンプロナのあるナバラ自治州では過去2週間の10万人当たりの感染者数が432人に上り、国内平均の約235人より多い。ワクチン接種は当初の想定より進展が遅いという。