フィギュアスケート女子で2010年バンクーバー冬季五輪銀の浅田真央さん(30)が初めて総合演出し、18年5月から続けてきたアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の最終公演が26日、横浜アリーナでスタートした。27日が最後となる。

 浅田さんは14年ソチ五輪のフリーで演じたラフマニノフの名曲「ピアノ協奏曲第2番」など現役時代に滑ったプログラムを再現。表現力豊かに舞い「全て出し切れた。サンクスツアーを始めてからスケートを心から愛することができて楽しく滑れた」と実感を込めた。

 今後については「ちょっと休む時間もつくりつつ、前に進んでいけたらいい」と語った。