【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルスで25日に開かれた第93回アカデミー賞発表・授賞式では、米国で相次ぐアジア系住民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)や黒人に対する人種差別などの問題に俳優や監督が相次いで「ノー」の声を上げた。

 俳優でプロデューサーのタイラー・ペリーさんは「黒人だから、白人だから、性的少数者だから、警官だから、アジア人だからと誰かを憎悪するのは拒否する」と強調。

 作品賞や監督賞を獲得した「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督も記者会見でペリーさんの発言に同調し「みんなで一つになり、相手が誰であろうと憎悪はやめにしよう」と呼び掛けた。