女子ゴルフのメジャー、全米女子オープン選手権(6月3~6日・サンフランシスコ)の日本地区最終予選が26日、神奈川県の横浜CCで108選手が参加して36ホールで争われ、川満陽香理と仲西菜摘が146のトップ、三宅百佳が148の3位で通過した。149で並んだ3人はプレーオフを行い、勝みなみとアマチュアで17歳の小暮千広が出場権を得た。

 畑岡奈紗と渋野日向子、オーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権を制した梶谷翼は、既に出場資格を持つ。