バレーボールの男子日本代表が26日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中垣内祐一監督は「これまでやってきた強化が正しかったのか真価が問われる。一日一日、一球一球が東京五輪につながるようにしないといけない」と覚悟を示した。

 今季のテーマに「臨機応変」を掲げた。それを発揮する状況に「コロナ禍で起こるさまざまなイレギュラーなこと。戦術での対応のし合い」の二つを挙げて説明した。

 五輪代表12人は、5月28日からイタリアで約1カ月行われる国際大会のネーションズリーグ後に選考する。