東京五輪聖火リレーの熊本県実行委員会は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熊本市内の公道でのリレーを中止するよう大会組織委員会に申し入れた。

 熊本県のリレーは5月5、6日。県によると、6日にリレーを予定していた熊本市では公道での実施を見合わせ、聖火到着を祝うイベントがある熊本城二の丸駐車場をランナーが走る方向で検討している。熊本市以外は、予定通り実施するとしている。

 熊本市の感染は増加傾向で、県は4月27日から5月12日まで、市民に不要不急の外出自粛を求めている。