大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)は26日、記者会見し、辞職する意向を表明した。市庁舎への家庭用サウナ持ち込み問題やパワハラ疑惑を巡る市議会調査特別委員会(百条委員会)での追及を踏まえ「一連の騒動のけじめと責任を取るために市長を辞職させていただく」と述べた。

 辞職時期については、新型コロナウイルス対応を優先し「高齢者へのワクチン接種が行き届いたとき」とした。27日の市議会臨時会で冨田氏への不信任決議案が提出される予定だったが「可決されれば選挙になり、市民や高齢者を危険にさらすことになる」と話し、市議会に配慮を求めた。