メルセデス・ベンツ日本は26日、新型の電気自動車(EV)「EQA」を発売した。人気の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)で、1回の充電で422キロ走れるという。街乗りに使い勝手の良い車体の大きさとし、自動ブレーキなど安全機能も充実している。日本でのEV投入は「EQC」に続き2車種目。来年以降、さらに2車種を追加して販売を強化する。

 外観は車体の曲線が特徴的で、洗練した印象に仕上げた。車内で話しかけると充電ステーションを探す対話型のシステムを備えた。日本独自の急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」にも対応している。希望小売価格は640万円から。