週明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。米景気回復への期待を背景に買い注文が先行した。国内の新型コロナウイルス流行長期化が懸念され、下げに転じる場面もあった。

 終値は前週末比105円60銭高の2万9126円23銭。東証株価指数(TOPIX)は3・17ポイント高の1918・15。出来高は約9億7477万株だった。