【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは25日に第18週が終了し、東カンファレンスで八村塁のウィザーズは8連勝で27勝33敗とし、プレーオフ(PO)進出決定戦出場圏内の10位に浮上した。渡辺雄太のラプターズは25勝35敗の12位。ネッツが41勝20敗でトップに立った。

 西は44勝16敗でリーグ最高勝率のジャズが一番乗りでPO進出を決めた。