人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用を目指すベンチャー企業「メガカリオン」(京都市)は26日、iPS細胞から作製した血小板を投与し「血小板減少症」という病気の治療を目指す治験を今年秋にも始めると明らかにした。安全性や効果が確認できれば、2023年にも実用化したいとした。

 血小板減少症は、血小板が不足し、正常に止血できない病気。治験には京大で作製し品質を確かめた上で備蓄してあるiPS細胞を、血小板を作り出す細胞「巨核球」に成長させ、得られた血小板を投与する。10人程度に参加してもらう予定。