阪急阪神ホテルズは26日、東京都と大阪市にある直営7ホテルの宿泊営業を29日から5月31日までの間、停止すると発表した。政府の緊急事態宣言発令を受け、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための措置としている。予約済みの顧客には、近隣にある別の直営ホテルを代替として紹介する。

 営業停止する都内の施設は第一ホテルアネックスとレム秋葉原、レム東京京橋。大阪市内は大阪新阪急ホテル、新阪急ホテルアネックス、梅田OSホテル、ホテル阪神アネックス大阪の四つ。

 また直営レストランは27日から5月11日までの間、原則として休業する。宿泊営業を続けるホテルの朝食は提供する。