菅義偉首相は26日、「政治とカネ」が主要争点になり自民党が全敗した衆参3選挙の結果について「国民の皆さんの審判を謙虚に受け止め、さらに分析した上で、正すべき点はしっかり正していきたい」と官邸で記者団に述べた。次期衆院選に向けて政権運営の立て直しを急ぐ。これに対し立憲民主党の枝野幸男代表は「時代錯誤の金権政治をいいかげんにしてほしいという有権者の思いの表れだ」と記者団に指摘した。3勝につながった野党共闘を推進するとともに、政権批判を強める。

 首相は、河井案里前参院議員の失職を受けた広島再選挙の敗北に「自民党総裁として重く受け止めたい」と語った。