東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備について、東電の宗一誠常務執行役は26日、東通原発の建設地を抱える青森県に説明した。県庁で柏木司副知事に「皆さまに不安と不信を与え、深くおわびする」と陳謝。海洋放出が決まった福島第1原発の処理水に関しても「漁業者らに心配を掛けている。国の方針を踏まえてしっかりと対応する」と述べた。

 柏木氏は「原子力施設は安全確保が第一だ。責任感を持って取り組んでほしい」と応じた。

 柏崎刈羽原発では昨年3月以降、侵入検知設備が15カ所で故障し、代替措置も不十分だったことが、今年2月の原子力規制委員会の検査で判明した。