男子テニスのバルセロナ・オープンは25日、バルセロナで行われ、シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がステファノス・チチパス(ギリシャ)に6―4、6―7、7―5で競り勝って大会12勝目、ツアー通算87勝目を飾った。

 ツアーを統括するATPによると、3時間38分の激闘は3セットマッチの決勝では計測の始まった1991年以降で最長。(共同)