日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日・両国国技館)の新番付を発表し、最長ブランクで21場所ぶりの大関復帰を遂げた照ノ富士は西の2番目に座った。先場所は12勝3敗で3度目の優勝を達成。両膝のけがや内臓疾患の影響で転落した序二段からの返り咲きは史上初となる。

 東横綱白鵬は鶴竜の引退により、番付上では2012年秋場所以来の一人横綱で、2度目は史上初。3月に右膝を手術して7月の名古屋場所で進退を懸ける意向のため、6場所連続休場が確実視されている。

 照ノ富士以外の大関陣は東に朝乃山、西に貴景勝。東の2番目の正代は2度目のかど番を迎える。