テレビで人気だった料理人の神田川俊郎(かんだがわ・としろう、本名大竹俊郎=おおたけ・としろう)さんが25日、大阪市内の病院で死去した。81歳。京都市出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長男希(のぞむ)氏。

 関係者によると、新型コロナウイルスに感染していた。1965年に大阪・北新地で日本料理の「神田川本店」を開業し、人気テレビ番組「料理の鉄人」などに出演。「料理は心や」のせりふで、お茶の間の人気者になった。