25日午前1時9分ごろ、鹿児島市の桜島で爆発的噴火が発生した。気象庁は当初、火砕流が南岳山頂火口から南西側へ約1・8キロ流れ下ったと説明したが、現地調査の結果、火砕流ではなく噴煙の一部と考えられると改めた。鹿児島県警によると、人的被害は確認されていない。

 鹿児島地方気象台によると、噴煙は火口から約2300メートル上空まで上がった。カメラ映像から火砕流が発生したと判断したが、その後の詳しい調査で火砕流の痕跡は確認されなかった。風で斜面を流れ下った一部の噴煙を、火砕流と判断したという。