乗客ら107人が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から16年となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、追悼慰霊式は昨年に続いて2年連続で中止に。兵庫県尼崎市の事故現場にある慰霊施設「祈りの杜」には祭壇や献花台が置かれ、遺族らが静かに犠牲者を悼んだ。

 JR西日本の長谷川一明社長は同施設を訪れ「反省を深く心に刻み、安全な鉄道を築き上げるため不断の努力を積み重ねていく」と述べ、献花。役員らと事故発生時間の午前9時18分に合わせ、黙とうした。

 同県には緊急事態宣言が発令され、遺族らに限って施設の出入りを可能とした。