新潟県警は24日、酒気帯び運転で衝突事故を起こし、相手の車に同乗していた女児にけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、佐渡署警備課巡査部長の田中正人容疑者(37)=同県佐渡市市=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は24日午後10時40分ごろ、佐渡市秋津の国道350号で、酒気帯びで乗用車を運転し、30代女性の対向車と衝突。乗っていた女性の娘に軽いけがを負わせた疑い。

 県警によると、現場は片側1車線の緩やかなカーブ。女性や田中容疑者にけがはなかった。田中容疑者はこの日休みで、「間違いない」と容疑を認めている。