【ベイルート共同】シリア石油鉱物資源省は24日、北西部バニヤス沖で石油タンカー1隻が無人機によるとみられる攻撃を受け、一時的に火災が発生したと発表した。国営通信が伝えた。シリア人権監視団(英国)は、タンカーはイランから航行してきたとし、シリア人乗組員ら3人が死亡したと明らかにした。

 内戦下のシリアでは、イランがアサド政権を軍事支援。親イラン民兵組織の施設などを標的にした空爆が度々あり、イスラエルの関与が指摘されている。監視団は、シリアでタンカーへの攻撃は珍しいとしている。