24日午後7時35分ごろ、大阪市西淀川区の住宅で「住人と3日ぐらい前から連絡が取れない」とケアマネジャーの女性から110番があり、駆け付けた西淀川署員が男性2人の遺体を発見した。

 署によると、2人はあおむけで倒れていた。2人暮らしの50代兄弟とみられる。1人は顔にタオルが掛けられ、もう1人はポリ袋をかぶった状態だった。目立った外傷はなく、施錠されていたことから、署は無理心中とみて調べている。

 現場は阪神電鉄姫島駅から西に約1キロの住宅街。