神奈川県は24日、新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として県が借り上げた川崎市中原区のホテルから30代の男性が無断で外出したと発表した。外出による濃厚接触者は確認されていない。

 県によると、男性は24日に入所。午後4時15分ごろホテルを出て、近くにある武蔵小杉駅周辺の飲食店と物販店に1人で立ち寄り、約30分後に戻った。ホテルから出る際、警備員が「利用者ですか」と尋ねたが「違う」と否定したという。

 警備員からの報告で発覚し、ホテルの監視カメラで男性を特定。県の聞き取りに外出を認めたため厳重注意した。