ヤクルトは2―3の九回2死からオスナの2点適時打で逆転サヨナラ勝ち。引き分けを挟んだ連勝を4に伸ばした。救援の坂本がプロ初勝利。中日は八回に京田のソロで勝ち越したが、抑えのR・マルティネスが連続四球から崩れた。