東京パラリンピックの代表最終選考会を兼ねる陸上のジャパンパラ大会第1日は24日、高松市の屋島レクザムフィールドで行われ、女子400m(上肢障害T47)は前回リオデジャネイロ・パラリンピック銅メダルの辻沙絵が58秒45の日本新で制した。一昨年の世界選手権(アラブ首長国連邦)の2位に相当する好タイム。

 男子100m(義足T64)は大島健吾が11秒37のアジア新で優勝し、東京パラ代表に前進。同1500m(知的障害)は赤井大樹が3分53秒35のアジア新で制した。

 同400m、1500m(車いすT52)の佐藤友祈は自身の持つ両種目の世界記録を更新できなかった。