ロッテは3―4の四回に高部のプロ初本塁打となる2ランで逆転し、7―7の六回に角中の適時打で勝ち越し。七回はマーティンの2ランで加点した。益田が4セーブ目。ソフトバンクは投手陣が13与四球と乱れ、連勝が4で止まった。