東京六大学野球リーグ第3週第1日は24日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、立大が早大に10―3で快勝し、2勝1分けでポイント2・5とした。早大は1勝1敗1分けで同1・5。慶大は明大に6―5で競り勝ち、ともに2勝1敗で同2。

 立大は一回に東の3ランなどで5点を先行。四回には山田が2ランを放つなど、計16安打で着実に加点した。慶大は2―3の六回に福井が逆転の2点二塁打を放った。