ラグビーの2015年ワールドカップ(W杯)で活躍し、今季限りでの引退を表明していた元日本代表のFB五郎丸歩(35)が24日、現役生活を終えた。所属するヤマハ発動機が同日、東京・江戸川区陸上競技場で行われたトップリーグのプレーオフトーナメント2回戦でクボタに敗戦。五郎丸は負傷の影響でメンバー外で、チームのシーズン終了により区切りを迎えた。

 試合が終了すると、グラウンドに下りて戦い終えたチームメートを握手や抱擁で出迎えた。プレーできずに競技人生に幕を下ろし「悔しい思いはあるが(人生の)セカンドステージのモチベーションとして頑張っていきたい」とコメントした。